カジュアルファッション通販情報

NIKE × Fragment Design DUNK HIGH TOKYO MIDNIGHT NAVY/WHITE-BLACK DJ0383-400画像

NIKE × Fragment Design DUNK HIGH TOKYO MIDNIGHT NAVY/WHITE-BLACK DJ0383-400ナイキ フラグメントデザイン ダンク ハイ スニーカー メンズ

モデル品番:
  • DJ0383-400
タイプ:
  • MEN(メンズ)
ブランド:
アイテム情報:
情報提供: Cliff Edge

アイテム説明

1985年にバスケットシューズとして誕生した不朽の名作DUNK(ダンク)を、藤原ヒロシ氏率いるデザイナー集団Fragment Design(フラグメントデザイン)の手によってアップデートされたコラボレーションモデルCITY PACK(シティ・パック)が登場。
アッパーは重厚感のあるネイビーとブラックのカラーブロックで、ヒールサイドにはサンダーマークの型押し、ミッドソールには「NIKE-DUNK-HI/F/fragment-design」というコラボレーションらしいテキストが落とし込まれています。

参考元:Cliff Edge

1964年に設立された、アシックスのオニツカ・タイガーを輸入・販売する“BRS(ブルーリボンスポーツ)”社がNIKEの前身。
1971年、トレードマークである「スウッシュ」が商標登録されます。
1972年、バウワーマンがワッフルを焼く鉄板からヒントを得て、トラクション効果に優れ、軽量かつ耐久性に富んだ「ワッフルソール」を開発。
1978年、社名をBRSから「NIKE 」に変更。“NIKE(ナイキ)”とは、ギリシャ神話の勝利の女神ニケ(NIKE)の読みを変えたもの。
1979年、初の“AIR(エア)”クッショニングシステム搭載のランニングシューズ“AIR TAILWIND(エアテイルウインド)”が登場。
1985年、NBAシカゴ・ブルズのルーキーマイケル・ジョーダンと契約。“AIR JORDAN 1(エアジョーダン1)”を発売し、大ヒット。
1987年、“AIR MAX(エアマックス)”で初めてエアをビジブル化し、大ヒット。
90年代に入り、NIKEのテクノロジーの象徴であるAIRのバリエーションも急速に拡大。
エアマックス、エアジョーダン、ダンク、エアフォース...等、数々の名作を生み出し、いまやストリートでも別格の存在感を放つ超人気ブランド。

公式サイト

ヒップホップミュージシャン、DJ、音楽プロデューサー…など様々な顔を持ち、ストリートウェアのカリスマデザイナーでもある藤原ヒロシ氏によるデザインプロジェクト。
これまで、CHALLNEGER、GOODENOUGH、NEIGHBORHOOD、BURTON、LEVIS、NIKEなど様々なコラボレーションを展開しています。

公式サイト

"NIKE DJ0383-400"をもっとさがす

取扱ショップのご紹介

  • Cliff Edge

    SUPREMEやthe POOL aoyama等のストリートブランドを筆頭に、ゴローズやヨシノリコタケなどハイブランドアイテム、さらにティファニーなどギフトアイテムまで多数取扱中!