カジュアルファッション通販情報

NIKE JORDAN 11 RETRO LITTLE FLEX PS "BRED" BLACK/TRUE RED/WHITE BQ7101-010画像

NIKE JORDAN 11 RETRO LITTLE FLEX PS "BRED" BLACK/TRUE RED/WHITE BQ7101-010ナイキ ジョーダン11レトロリトルフレックスプレスクール ブレッド スニーカー キッズ

モデル品番:
  • BQ7101-010
タイプ:
  • KIDS(キッズ)
ブランド:
アイテム情報:
情報提供: ミタスニーカーズ

アイテム説明

ある人は彼はマイケルジョーダンの姿をした神だと表現し、並外れた身体能力が生み出す彼の滞空時間の長さからAir(エア)の異名を持つ等、世界最高峰のアメリカプロバスケットボールリーグであるNBA(ナショナルバスケットボールアソシエーション)史上、最も愛されているリビングレジェンドMichael Jordan(マイケルジョーダン)氏。
Air Jordan(エアジョーダン)シリーズの初代であるAir Jordan 1(エアジョーダン1)のリリースから2015年に迎えた生誕30th Anniversary(30周年)を経て、シグネチャーモデルとしてだけでは無くJordan Brand(ジョーダンブランド)として不動の地位を確立しています。

そんな益々の盛り上がりを魅せる歴代「Air Jordan」シリーズの中でも圧倒的な人気を誇るAir Jordan 11(エアジョーダン11)のテイクダウンモデルJordan 11 Retro Little Flex PS(ジョーダン11レトロリトルフレックスプレスクール)がリリース。
「Michael Jordan」氏のMLB(メジャーリーグベースボール)挑戦からNBAへ復帰を果たし、盟友Scottie Pippen(スコッティピッペン)氏を始め、トレードで獲得したDennis Rodman(デニスロッドマン)氏を加える事でChicago Bulls(シカゴブルズ)第二次黄金期への第一歩を踏み出した1995/1996シーズンの終盤に急遽発表された「Air Jordan 11」。
NBA All Star Game(NBAオールスターゲーム)をニューモデルの発表場とする事が主流だった当時、1995年5月7日に行われたOrlando Magic(オーランドマジック)とのNBA Playoffs(NBAプレイオフ)で本人が着用すると言う異例の形で発表され話題を集めました。
またホワイトベースのファーストカラーはブラックをベースとしたシューズで統一していたチーム内に於いてチーム内の選手は全員同じ色のシューズを履かなくては成らないと言うNBAの規定に反していた事から、リーグの罰金対象となった逸話は今も色褪せる事無く語り継がれています。

「Michael Jordan」氏が企画に加わり、旧知の仲であるシューズデザイナーTinker Hatfield(ティンカーハットフィールド)氏に光沢感のあるマテリアルを使用したいと言うフィードバックをした事からパテントレザーをアッパーに採用。
前作より前足部の「Air」範囲を拡大し衝撃吸収性の向上を実現したFull Length Air(フルレングスエア)や軽量性と安定性を兼ね備えたカーボンシャンク等の機能性を取り入れながらクリアソールを採用する事でデザイン性に於いても高い評価を受けた名作。
今作は「Michael Jordan」氏のヒストリーを語る上で欠かす事の出来ないオリジナルカラーであるBred(ブレッド)を踏襲しながら、脱ぎ履きを容易にするスリッポン仕様やプルストラップを設置する事で、お子様の足にもスムーズな足入れを促す構造となっていて、大事なお子様に快適な時間を提供する為のご自宅用はもちろん、贈答用としても幅広くフィットするモデルとなっています。

誕生から記念すべき30th Anniversaryを越えて、常に歩みを止めず常に新たな進化を魅せる「Jordan Brand」。
そんなシグネチャーモデルアイコンのフィロソフィを受け継ぎ、名作の存在意義を次世代にエデュケーションする今作をチェックして見て下さい。

参考元:ミタスニーカーズ

オリジナルは1995年リリース。95年の5月7日オーランド マジックとのプレイオフで突然姿を現したこの「エア ジョーダン11」。オールスター戦でのニューモデル着用が定番だったにもかかわらず、このプレーオフ時期での登場は異例中の異例だった。初めてバスケットボールシューズの素材にエナメルとナイロンを使用するという、当時としてかなり先進的なものだった。もののみごとに大ヒットし、売り切れが続出した。そしてNBA制覇を成し遂げた。

1964年に設立された、アシックスのオニツカ・タイガーを輸入・販売する“BRS(ブルーリボンスポーツ)”社がNIKEの前身。
1971年、トレードマークである「スウッシュ」が商標登録されます。
1972年、バウワーマンがワッフルを焼く鉄板からヒントを得て、トラクション効果に優れ、軽量かつ耐久性に富んだ「ワッフルソール」を開発。
1978年、社名をBRSから「NIKE 」に変更。“NIKE(ナイキ)”とは、ギリシャ神話の勝利の女神ニケ(NIKE)の読みを変えたもの。
1979年、初の“AIR(エア)”クッショニングシステム搭載のランニングシューズ“AIR TAILWIND(エアテイルウインド)”が登場。
1985年、NBAシカゴ・ブルズのルーキーマイケル・ジョーダンと契約。“AIR JORDAN 1(エアジョーダン1)”を発売し、大ヒット。
1987年、“AIR MAX(エアマックス)”で初めてエアをビジブル化し、大ヒット。
90年代に入り、NIKEのテクノロジーの象徴であるAIRのバリエーションも急速に拡大。
エアマックス、エアジョーダン、ダンク、エアフォース...等、数々の名作を生み出し、いまやストリートでも別格の存在感を放つ超人気ブランド。

公式サイト

"NIKE BQ7101-010"をもっとさがす

取扱ショップのご紹介

  • ミタスニーカーズ

    ナイキ、ニューバランス、アディダス等の限定別注モデルを多数取扱う、上野の老舗スニーカーショップ。

関連テーマ