カジュアルファッション通販情報

NIKE AIR JORDAN 9 RETRO WHITE/BLACK/GYM RED 302370-160画像

NIKE AIR JORDAN 9 RETRO WHITE/BLACK/GYM RED 302370-160ナイキ エアジョーダン9レトロ ジムレッド スニーカー メンズ

モデル品番:
  • 302370-160
タイプ:
  • MEN(メンズ)
ブランド:
アイテム情報:
情報提供: ミタスニーカーズ

アイテム説明

ある人は彼はマイケルジョーダンの姿をした神だと表現し、並外れた身体能力が生み出す彼の滞空時間の長さからAir(エア)の異名を持つ等、世界最高峰のアメリカプロバスケットボールリーグであるNBA(ナショナルバスケットボールアソシエーション)史上、最も愛されているリビングレジェンドMichael Jordan(マイケルジョーダン)氏。
Air Jordan(エアジョーダン)シリーズの初代であるAir Jordan 1(エアジョーダン1)のリリースから2015年に迎えた生誕30th Anniversary(30周年)を経て、シグネチャーモデルとしてだけでは無くJordan Brand(ジョーダンブランド)として不動の地位を確立しています。

そんな益々の盛り上がりを魅せる歴代「Air Jordan」シリーズの中でも次世代のスニーカーヘッズからプロップスを集めるAir Jordan 9(エアジョーダン9)からニューカラーがリリース決定。
1993年のNBAファイナルまでチームを導き三連覇の偉業を達成し全盛期を迎えたかに見えた最中、突如としてNBAからの引退を表明。
その後、亡き父の夢でもあったMLB(メジャーリーグベースボール)への挑戦を発表。
前人未到のChicago Bulls(シカゴブルズ)四連覇を共に目指す為に開発された「Air Jordan 9」は、シリーズ初「Michael Jordan」氏がコート上でオリジナルを着用する事の無かったモデルとなりました。

プロモーションでは当時「Michael Jordan」氏が遠征先のホテルに宿泊する際に使用していた偽名Johnny Kilroy(ジョニーキルロイ)氏を架空のプレイヤーとしてコマーシャルに起用。
Chicago Bullsの背番号を背負い「Air Jordan 9」の広告塔として登場し大きな話題に。
そして、主戦場をバスケットボールコートからベースボールグランドへと移した際にはベースボール用に改良されたスパイク版「Air Jordan 9」を着用し、White Sox(ホワイトソックス)傘下AAチームであるBirmingham Barons(バーミングハムバロンズ)でプレイした事でも注目を集めました。

機能面に於いてもフィッティング性の向上や通気性を改善するナイロンメッシュとHuarache Fit System(ハラチフィットシステム)を採用しつつ、素早くシューレースを締め上げる事が出来るクイックシューレーシングシステムのコンビネーションを使用。
更にソールユニットにはシューズ内での不要な足の動きを最低限に抑える為に立体成形された「TPU(熱可塑性ポリウレタン)サポートシャンク」を搭載する等、様々なテクノロジーを詰め込む事で前作から確実な進化を遂げました。
通称Gym Red(ジムレッド)と呼ばれる今作はカラーリングに「Michael Jordan」氏のヒストリーを語る上で欠かす事の出来ないChicago Bullsのホームカラーを採用する事で、当時を懐かしむスニーカーファンから昨今の「Air Jordan」シリーズに慣れ親しんでいるスニーカーヘッズまで幅広くフィットするモデルとなっています。

誕生から記念すべき30th Anniversaryを越えて、常に歩みを止めず常に新たな進化を魅せる「Jordan Brand」。
そんなシグネチャーモデルアイコンのフィロソフィを受け継ぎ、名作の存在意義を再提案する今作を足元から体感して見ては如何でしょうか。

参考元:ミタスニーカーズ

オリジナルは1993年リリース。ジョーダンがNBAを引退し、メジャーリーグに挑戦した為にバスケットコートでこの「エア ジョーダン9」を履く事はなかったモデル。このスパイクバージョンをジョーダンは野球で着用。前作の「8」に比べてかなりシンプルな作りになっているが、シューレースのホール部分がフック型(引っ掛けるような形状)になるなど微妙に進化は遂げている。ソールの底部分には日本語で「世界スポーツ」と記されている。

1964年に設立された、アシックスのオニツカ・タイガーを輸入・販売する“BRS(ブルーリボンスポーツ)”社がNIKEの前身。
1971年、トレードマークである「スウッシュ」が商標登録されます。
1972年、バウワーマンがワッフルを焼く鉄板からヒントを得て、トラクション効果に優れ、軽量かつ耐久性に富んだ「ワッフルソール」を開発。
1978年、社名をBRSから「NIKE 」に変更。“NIKE(ナイキ)”とは、ギリシャ神話の勝利の女神ニケ(NIKE)の読みを変えたもの。
1979年、初の“AIR(エア)”クッショニングシステム搭載のランニングシューズ“AIR TAILWIND(エアテイルウインド)”が登場。
1985年、NBAシカゴ・ブルズのルーキーマイケル・ジョーダンと契約。“AIR JORDAN 1(エアジョーダン1)”を発売し、大ヒット。
1987年、“AIR MAX(エアマックス)”で初めてエアをビジブル化し、大ヒット。
90年代に入り、NIKEのテクノロジーの象徴であるAIRのバリエーションも急速に拡大。
エアマックス、エアジョーダン、ダンク、エアフォース...等、数々の名作を生み出し、いまやストリートでも別格の存在感を放つ超人気ブランド。

公式サイト

"NIKE 302370-160"をもっとさがす

取扱ショップのご紹介

  • ミタスニーカーズ

    ナイキ、ニューバランス、アディダス等の限定別注モデルを多数取扱う、上野の老舗スニーカーショップ。

関連テーマ