カジュアルファッション通販情報

MIZUNO RHRN atmos BLACK/PINK D1GA1999-63画像

MIZUNO RHRN atmos BLACK/PINK D1GA1999-63ミズノ アールエイチアールエヌ アトモス スニーカー メンズ

モデル品番:
  • D1GA1999-63
タイプ:
  • MEN(メンズ)
ブランド:
アイテム情報:
情報提供: atmos-tokyo

アイテム説明

1906年(明治39年)に創業し、オリンピックをはじめとした国際大会に協賛し、その高い技術力で世界屈指のスポーツメーカーとして成長したMIZUNO (ミズノ)。
2018年からファッションアイテムの企画が本格的にスタートし、その波は日本だけでなく世界へ拡大。
スニーカーヘッズだけでなく、ファッショニスタも好んで着用する時代になりました。
そのMIZUNO (ミズノ)から最先端技術を搭載したRHRN (アールエイチアールエヌ)がいよいよロンチします。
RHRNにはそのテクノロジーを「∞ (無限)」を象った形状にしたINFINITY WAVE (インフィニティ・ウェーブ)をフルレングスで搭載されています。
アッパーはMIZUNOとTBカワシマ株式会社の共同開発によって実現した最新デザイン。
編み機から直接立体的に編み上げられたニットアッパーは、自然に足に吸い付き、これまで表現できなかったシューズと足の密着間を実現。
さらにアッパーの内側に伸び止め効果を発揮するフローティングヤーンを配置することで、ランニング動作をサポートするホールド性もあります。
デザイン性を損なうことなくフィットとホールドを両立したこのアッパーは、トップアスリートの期待にも応えるポテンシャルを秘めています。
パフォーマンスシューズとしてだけでなく、ハイエンドなライフスタイルシューズとして提案されたモデルです。
こちらはアイコンとも言えるJADEカラーと、発色の良いPINKを組み合わせたカラーウェイに「ATMOS LABORATORY TOKYO MMXV」を刻印したatmos Exclusiveプロダクト。
MIZUNOとatmosが提案するスニーカーのネクストステージとなるプロダクトを是非ご体感下さい。

参考元:atmos-tokyo

大阪に本社を置く日本の総合スポーツ用品メーカー。
1906年の創業以来、長年にわたってスポーツ振興に力を注ぎ続けていて、世界屈指の総合スポーツ用品メーカーとして、国内外から高い評価を受けています。

1906年、水野利八、弟利三と大阪北区で「水野兄弟商会」を創業。洋品雑貨のほか野球ボールなどを販売。翌年、運動服装オーダーメイドを開始します。

1913年、野球グラブ、ボール製造開始。翌年、堂島工場開設。本格的なスポーツ品製造開始します。

1942年、「美津濃株式会社」に社名変更。

1972年、M-LINEシューズ発売し、競技用シューズからデイリーユースのカジュアルシューズまで一世を風靡します。

1982年、ランバードラインのシューズ発売。「惑星の軌道」を表現したシューズのマーク。その姿から「ランバード」と命名され、現在ではミズノの企業ロゴでもあり、ブランドを象徴する重要な役割を担っています。

1991年、ミズノのシューズが東京の世界大会で100mの世界新記録(9.86s)を樹立。

1997年、初代「WAVE RIDER」発売。クッション性と安定感という二律背反を克服した「ミズノウエーブ」という波形のプレートを開発。これを搭載したランニングシューズ「ウエーブライダー」は、現在ではミズノを代表するシリーズとなっています。

2007年、新構造「インフィニティーウエーブ」搭載の「WAVE CREATION」を発売。
ミッドソールスポンジを削減し、ミズノウエーブの機能を最大限に発揮する「インフィニティウエーブ」。クッション性・安定性・反発性と共にへたれにくさを大幅に向上させています。

HISTORY | ミズノの歴史について

2000年、東京・原宿にヘッドショップをオープン。
ファッションの一部としたスニーカーをメインとし、ギャラリーのようにディスプレイされた提案型セレクトショップとしてスタート。
2001年、オリジナルアパレルラインを販売開始。
スニーカーから派生するウエア作りをメインテーマに、ヘッドギアからパンツまでスニーカーからインスパイアされたトータルコーディネートを提案。
様々なブランドとの別注モデルをはじめ、国内流通店舗限定モデルや最新モデルを常にディスプレーし、東京のスニーカーシーンを世界に向けて発信し続けています。

"MIZUNO D1GA1999-63"をもっとさがす

取扱ショップのご紹介

  • atmos-tokyo

    atmos(アトモス)公式ホームページ。オリジナルウェアの他スニーカーも取り扱っている。atmos店舗は原宿にあり、最先端のスニーカーやウェアを発信し続けている。