カジュアルファッション通販情報

Champion × ATMOS LAB P/O HOODED SWEATSHIRT WHITE C8-P121-010画像

Champion × ATMOS LAB P/O HOODED SWEATSHIRT WHITE C8-P121-010チャンピオン アトモスラボ プルオーバー フーデッド スウェットシャツ スウェットパーカー メンズ

モデル品番:
  • C8-P121-010
タイプ:
  • MEN(メンズ)
ブランド:
アイテム情報:
情報提供: atmos-tokyo

アイテム説明

CHAMPION x ATMOS LAB 19SS Capsule Collectionより、P/O HOODED SWEATSHIRTのご紹介です。
フロントに大きくCロゴを配置し、バックにはChampionロゴをプリント。
左右の袖にはATMOS LABのロゴプリント入りのナイロンテープが施されたストリートライクなデザイン。
フード部分にもATMOS LABの刺繍が入ったEXCLUSIVEな一着。

参考元:atmos-tokyo

1919年、サイモン・フェインブルーム氏によってニューヨーク州ロチェスターでスタート。
1920年、スウェットシャツの原型であるウールの下着を、屋外労働者の防寒用として販売し、これが米軍学校の訓練用ウェアに採用されます。
1934年、スウェットが縦方向に縮むのを軽減するために、本来縦に使われている生地を横方向に使用した「リバースウィーブ」が誕生。以降、不朽の定番となります。
1950年代より、当時の学生たちに、大学名をプリントしたスウェットシャツが人気となります。
1969年、ロゴマークを一新し、おなじみの「C」マークが登場。この頃には、全米の学校や大学からチャンピオンへ注文が殺到する程人気となります。

いつの時代も品質にこだわり、より良いものづくりに挑戦しつづけてきたチャンピオン。
デザイン・機能性・耐久性・素材・縫製といったひとつひとつのディテールにこだわるクラフトマンシップは現在も脈々と受け継がれ、現在でもアスリート達から全幅の信頼を受け、多くのファンに愛用されています。

2000年、東京・原宿にヘッドショップをオープン。
ファッションの一部としたスニーカーをメインとし、ギャラリーのようにディスプレイされた提案型セレクトショップとしてスタート。
2001年、オリジナルアパレルラインを販売開始。
スニーカーから派生するウエア作りをメインテーマに、ヘッドギアからパンツまでスニーカーからインスパイアされたトータルコーディネートを提案。
様々なブランドとの別注モデルをはじめ、国内流通店舗限定モデルや最新モデルを常にディスプレーし、東京のスニーカーシーンを世界に向けて発信し続けています。

"Champion C8-P121"をもっとさがす

取扱ショップのご紹介

  • atmos-tokyo

    atmos(アトモス)公式ホームページ。オリジナルウェアの他スニーカーも取り扱っている。atmos店舗は原宿にあり、最先端のスニーカーやウェアを発信し続けている。

エーグル (AIGLE) メンズウェア