カジュアルファッション通販情報

ANATOMICA × BIG YANK シャンブレーシャツ 1935 MODEL 530-541-18画像

ANATOMICA × BIG YANK シャンブレーシャツ 1935 MODEL 530-541-18アナトミカ ビッグヤンク 長袖シャツ メンズ

モデル品番:
  • 530-541-18
タイプ:
  • MEN(メンズ)
ブランド:
アイテム情報:
情報提供: フェブインターナショナル

アイテム説明

ANATOMICA(アナトミカ)より、1935年当時のBIG YANK(ビッグヤンク)のワークシャツを実名で再現したシャンブレーシャツ。
ビッグヤンクのシャツの象徴でもある左右非対称のポケット、通称ガチャポケを採用。
1929年にビッグヤンクが特許を取得した、フラシポケットが左胸に装備されています。
前着丈が後ろ着丈よりも長く設定されています。
全体のサイズ感は大き目です。
1930年代当時のフィット感をそのまま再現している為、全体にやや大き目なサイジングです。

参考元:フェブインターナショナル

1994年、世界的な伝説のバイヤー、Pierre Fournier(ピエール・フルニエ)氏がパリにオープンしたセレクトショップであり、そのオリジナルブランド。
彼が追求する理想的なプロポーションは、オリジナル商品として世に出され、独特な世界観と本物のエレガンスをアピールします。
メンズアイテムを中心に展開していて、妥協のない、こだわりに溢れたエレガントなコレクションが特徴。

公式サイト

1919年、シカゴの“Riliance Manufacturing Company(リライアンスマニュファクチャリング)”社の労働者向け衣料のブランドとして誕生。
誕生初期から、作業着として独創的かつ革新的なディテールの特許を取得したり、多くの紙面広告、そして高いクオリティーで他のワークウエアブランドとの差別化を図ります。
コンビニエントポケット(ガチャポケ、山ポケ)と呼ばれるものに代表されるユニークなディテールの数々は、時を経ても人々を魅了し、多くファッションブランドがそれらのデザインを取り入れたり、ビンテージ市場でも高値で取引されています。
80年代頃にブランドは消滅してしまいましたが、2012年からは装い新たにより忠実な復刻品を35summersが生産。
35summersは、代表の寺本欣児氏が所有する貴重なコレクションを研究。
現代のファッションアイテムとしてだけではなく当時の縫製技術の再現や製品としてのクオリティー、そして本物の雰囲気を現代に伝えられるアイテムを目指して作り上げています。

公式サイト

"ANATOMICA 530-541-18"をもっとさがす

取扱ショップのご紹介