カジュアルファッション通販情報

le coq sportif LCS R800 LEATHER WHITE 1810291画像

le coq sportif LCS R800 LEATHER WHITE 1810291ルコックスポルティフ LCS R800 レザー スニーカー メンズ

モデル品番:
  • 1810291
タイプ:
  • MEN(メンズ)
ブランド:
アイテム情報:
情報提供: atmos-tokyo

アイテム説明

真夏日にせまる暑い日が増えはじめ、いよいよ夏の気配が感じられるようになってきました。
体がほてる暑い日に食べたくなるものといえば、ひんやりと冷たいアイスクリーム。
ルコックスポルティフは、このクールでスイートなデザートをテーマにしたユニークなモデル(SORBET PACK)を7月7日にリリースします。
今回のベースモデルである(LCS R 800)は、90年代に登場したランニングモデル。
ミッドソールに密度の異なる2つの素材を注入してクッション性を向上させる、ルコックスポルティフ独自のテクノロジー「ダイナクティフシステム」を搭載。
(SORBET PACK)は世界でもごく少量の発売を予定していて、日本国内でも販売店舗は限られます。

参考元:atmos-tokyo

1882年、エミール・カミュゼ氏によってスタートした、フランスで最も古いスポーツブランドであり、世界的に最も有名なスポーツブランドの一つ。
創業当時にアイテムに使われていたラベルには、ロミリースポーティニットウェアと表記されていました。
1920年、エミール・カミュゼ氏は初めてスポーツ競技用ウェアを製造。
1948年の創業開始から66年、初めてルコックスポルティフと雄鶏を組み合わせたラベルを使用し、ついにルコックスポルティフが誕生。
1951年、ツール・ド・フランスで初めてルコックスポルティフが採用されます。
1955年には、サッカーのフランスチームがルコックスポルティフのウェアを着用。
1965年、サッカー、ラグビー、バスケットボールなどの多くのフランスチャンピオンチームが、ルコックスポルティフのウェアを着用。
1971年、アヤックス・アムステルダムはルコックウェアを着用し、ヨハン・クライフに率いられたチームはヨーロッパクラブチャンピオンに輝きます。
1974年、エディ・メルクスがルコックを着てツールド・フランスを制覇。
1982年、ワールドカップでイタリア代表チームがルコックスポルティフを着用し優勝。
1983年、フランスのプロテニスプレイヤー、ヤニック・ノアが全仏オープンで優勝。
1986年、マラドーナ率いるアルゼンチン代表チームが、ルコックスポルティフを着用しワールドカップ優勝。
1991年、テニスのデビスカップでヤニック・ノア率いるフランス代表が優勝。
…等、ルコックスポルティフの歴史は常にスポーツの歴史と共にあり、多くの優秀な結果を残してきたチームや選手に愛用されてきたランドです。
現在では、サッカーやテニス、ゴルフ用のシューズやウェアを中心に、一般用のスニーカーやカジュアルウェア、アクセサリなども幅広く展開しています。

"le coq sportif 1810291"をもっとさがす

取扱ショップのご紹介

  • atmos-tokyo

    atmos(アトモス)公式ホームページ。オリジナルウェアの他スニーカーも取り扱っている。atmos店舗は原宿にあり、最先端のスニーカーやウェアを発信し続けている。

おすすめPR

UGG(R) 公式サイト(アグ 公式サイト)