カジュアルファッション通販情報

Reebok INSTA PUMP FURY ROAD "mastermind JAPAN" BLK/SLV/WHT BD1339画像

Reebok INSTA PUMP FURY ROAD "mastermind JAPAN" BLK/SLV/WHT BD1339リーボック インスタポンプフューリーロード マスターマインドジャパン スニーカー メンズ

モデル品番:
  • BD1339
タイプ:
  • MEN(メンズ)
ブランド:
アイテム情報:
情報提供: ミタスニーカーズ

アイテム説明

1989年にリリースされたTHE PUMP(ザポンプ)はAIR CHAMBER SYSTEM(エアチェンバーシステム)を使用し、足を空気で包み込む事で個人の足の形に合わせたフィット性及びサポート性をセルフカスタマイズ化させる画期的なアッパーフィッティングテクノロジーの代名詞とも言えるTHE PUMP TECHNOLOGY(ポンプテクノロジー)を初搭載したモデルとして話題を集め、初めて披露されたドイツ/ミュンヘンで開催された「ISPO(INTERNATIONAL SOCIETY FOR PROSTHETICS AND ORTHOTICS)」では、その優れた機能性がシューズ業界のみならずTIME(タイム)やUSA TODAY(ユーエスエートゥデイ)などの各メディアにも紹介され大きな反響呼びました。

その後、同テクノロジーを他のカテゴリーにも拡大しながら進化を続け、1994年にリリースされたINSTA PUMP FURY(インスタポンプフューリー)の躍進によりReebok(リーボック)の代名詞へと成長。

1994年のプロトタイプINSTA PUMP FURY(前期型)発売以降、約1年間の沈黙を破り1995年にアップデートを施して再リリースされたINSTA PUMP FURY(後期型)は様々なブランドやアーティストとのコラボレートモデルを発表し、多くのファンを魅了。

90年代のスニーカーブーム時にはハイテクスニーカーブームと呼ばれた社会現象を引き起こし、世界のマーケットを巻き込みながらスニーカー史上屈指の争奪戦が繰り広げられました。

また、2008年以降も「INSTA PUMP FURY」をベースにmita sneakers(ミタスニーカーズ)とのオフィシャルコラボレーションモデルを始め、様々なブランドとの別注モデルや有力ショップを中心とした限定ラインがリリースされる等、バリエーションの拡大と共に注目度は更に増しています。

2014年には生誕20th ANNIVERSARY(20周年)を迎えた名作からオリジナルカラーである通称CITRON(シトロン)が1994年のプロトタイプINSTA PUMP FURY(前期型)を可能な限り忠実に再現しINSTA PUMP FURY OG(インスタポンプフューリーオリジナル)として遂に完全復刻。

そして翌年の2015年にはZ PUMP FUSION(ジーポンプフュージョン)がパフォーマンスモデルとしてリリースされ、様々なプロダクトに搭載されて来た「THE PUMP TECHNOLOGY」は時代と共に進化を遂げながら「Reebok」のアイコンとなっています。

そんな名作の派生モデルとして1997年に誕生し、満を持して2015年に復刻を遂げたINSTA PUMP FURY ROAD(インスタポンプフューリーロード)から、1998年にデザイナーである本間正章(ホンママサアキ)氏によりコレクションがスタートした日本製のラグジュアリーなリアルクローズを提案し続け、他に類を見ない上質なクオリティーを誇ると共にブランドアイデンティティが色濃く落とし込まれたプロダクトで世界中のファンを魅了するmastermind JAPAN(マスターマインドジャパン)が提案するエクスクルーシブモデルがリリース決定。

「INSTA PUMP FURY」のアッパーデザインを踏襲しながらTPU(熱可塑性ポリウレタン)パーツやソールユニットの形状をアップデート。
そのデコラティブなアッパーデザインが、当時ストリートファッションとの相性の良さから、スニーカーヘッズからの支持を受ける事でファッションアイテムとして拡く認知されました。

今作は「mastermind JAPAN」のアイデンティティを反映させたミニマムなブラックでアッパーを統一しながらエアチェンバー内に空気を送り込む円形のポンプとヒール(踵)には「LOVE&PEACE」や死ぬまで夢を諦めないと言った様々な思いが込められたブランドアイコンスカル(骸骨)を配置。
更にインソール(中敷き)には「mastermind JAPAN」のロゴマークが刻まれる等、エクスクルーシブモデルならではのディテールが細かな部分まで反映されています。

「THE PUMP TECHNOLOGY」等、各時代に新たなテクノロジーを市場に投下して来た「Reebok」のアイデンティティを継承した名作「INSTA PUMP FURY ROAD」。
その歴史の重みを継承しブランドフィロソフィを反映した名機に「mastermind JAPAN」のアイデンティティを融合した今作を足元から体感して見て下さい。

参考元:ミタスニーカーズ

1900年にジョセフ・ウイリアム・フォスター氏によりイギリスで設立された「J.W.フォスター」社が前身で、世界初のスパイク付きランニングシューズを製作。
1958年、社名を“Reebok(リーボック)”に変更。
リーボックという社名は、俊敏に駈けるアフリカのガゼルの現地名からとられています。
1982年、エアロビクスシューズ“Freestyle(フリースタイル)”を発売し、カジュアルウェアとしても世界的な大ヒットとなります。
1989年、革新的なテクノロジーを搭載したバスケットシューズ“THE PUMP(ザ・ポンプ)”を発売。
1994年、ランニングシューズ「“INSTA PUMP FURY(インスタ・ポンプ・フューリー)”を発売。そのデザイン性と機能性の高さから、ナイキの“AIR MAX(エア・マックス)”と共に、90年代の「ハイテクスニーカーブーム」を牽引。
また近年では、美容効果を前面に押し出したウォーキングシューズEASY TONE(イージートーン)、そして見た目のインパクトあるデザインが話題を呼んだZIG TECH(ジグテック)を発表して成功を収めるなど、他の追随を許さない独自の路線よって、幅広いファンから絶大な支持を集めているブランドです。

公式サイト

1997年、本間正章氏によって設立された、ハイエンド・カジュアルブランド。
1998年、ファーストコレクションを発表。
2000年、東京コレクションに参加。
2001年にパリの展示会に出展。その後、世界での発表を続けます。

ブランド名の由来は、mastermind(一つの事に才能が長けている人) + JAPAN(日本のブランドとして世界の人達が判断できるよう。)
日本のオリジナリティある技術やマスターとよばれる職人の方々と共に、世界に日本のスーパー・ハイクオリティを認知してもらおうという志を表明したもの。

「LOVE & PEACE」を掲げ、「The Best」を目指す贅沢なカジュアルコレクションは、機能性 と快適さを追求し、上質でオリジナルな素材を使用。
ラグジュアリーなマテリアルを遊び感覚で着こなし、心に愛と平和を秘める大人の服。
顧客リストには国内外のセレブリティ、ミュージシャン、俳優など熱烈なファンが多数連なります。

公式サイト

"Reebok BD1339"をもっとさがす

取扱ショップのご紹介

  • ミタスニーカーズ

    ナイキ、ニューバランス、アディダス等の限定別注モデルを多数取扱う、上野の老舗スニーカーショップ。

おすすめPR

Teva(R) 公式サイト(テバ公式サイト)