カジュアルファッション通販情報

ブランド説明

1865年、青年実業家Georges Favre-Jacot (ジョルジュ・ファーブル=ジャコ)によってスイスのル・ロックルにて創業した時計メーカー。
時計製造におけるマニュファクチュールというコンセプトを最初に作り上げたことに加え、機械化による大量生産システムを早いうちに導入したこともあり、創業からわずか10年程度で1000人を雇用する工場に発展。
1900年、天頂に輝く星にも例えられる至高のムーブメントZenith(ゼニス)を発表し、同年のパリ万国博覧会で金賞を受賞。
1911年、創業者ファーブル=ジャコの引退を機に、社名をZenith(ゼニス)へと変更。Zenithとは「天空の頂点」を表す言葉。
その後も事業は拡大し、1920年代までには、ヨーロッパ全土、アメリカ、アジアまで世界展開しています。
また、そのクオリティーの高さが認められ、イタリア軍やアメリカ軍、ドイツ軍などにミリタリーウォッチとしても採用されます。
1969年、世界初の専用設計による自動巻きクロノグラフ・ムーブメント「エル・プリメロ」を発表。
自動巻き設計に加え毎時3万6000回振動というハイビートを採用、10分の1秒が計測可能なクロノグラフ機能を実現するなど、革新的な機能を備えていました。
この歴史に残るムーブメントは現在も、世界最速かつ最も精密な自動巻きクロノグラフの地位を守り、時計の中でも特別な地位を確立しています。

1865年
ゼニスの創業者であるジョルジュ・ファーブル=ジャコが、時計製造に関する全ての専門技術を一つ屋根の下に結集してマニュファクチュールの概念を考案することにより、時計の製作に革命をもたらす。

1899年
マニュファクチュールから最初のクロノグラフ ポケットウォッチを発表。

1900年
ジョルジュ・ファーブル=ジャコがパリ万国博覧会で金賞を受賞。

1910 - 1960年
航空機、自動車、トラック、列車に搭載される各種計器を開発。

1911年
ジョルジュ・ファーブル=ジャコのマニュファクチュールが、天空の頂点を意味する「ゼニス」という社名を採用。以来、この名は、頂点に輝くブランドが追求する卓越した技術水準を象徴することになる。

1925年
マニュファクチュール・ゼニスの社員数が1000人となる。時計産業発祥の地、ル・ロックルと隣接するラ・ショー・ド・フォンでは、「2000本の黄金の手を持つマニュファクチュール」と称される。

1948年
伝説的なキャリバー135を発表。この腕時計用の直径わずか29.3 mmのクロノメーターは、スモールセコンドを備えており、235の賞を獲得することになる。

1960年
キャリバー5011 Kを発表し、同種のキャリバーにおける精度記録を樹立。マリンクロノメーター、ポケットウォッチ、置時計、そして限定モデル「パイロットウォッチ アエロネフ タイプ20」に搭載される。

1969年
初の一体型自動巻クロノグラフであり、現在も世界で最も精度の高い量産型キャリバーであり続けているエル・プリメロの誕生。毎時36,000回の振動数を誇るテンプにより、1/10秒単位の計測が可能な唯一のキャリバー。

1975年
当時ゼニスを所有していた会社が生産をクォーツウォッチのみに限定することを決めると、時計職人のシャルル・ヴェルモが、機械式キャリバーの製作に必要な設計図、部品、工具類が破棄されるのを避けるためにこれらを隠す。

1984年
機械式時計が再び求められるようになり、シャルル・ヴェルモが保管していた製作用工具をゼニスに返却。エル・プリメロ キャリバーの製作を再開。大手時計メーカーが自社の時計にこの伝説的ムーブメントをこぞって搭載するようになる。

1994年
超薄型自動巻ムーブメント「エリート」の発表。ゼニス初のコンピュータ支援設計(CAD)によるキャリバー。耐久性に優れ、極めて精巧で信頼性の高いこのキャリバーは、業界誌により「ムーブメント・オブ・ザ・イヤー」に選ばれる。

2000年
ゼニスが高級品グループLVMHの傘下に。

2003年
エル・プリメロ キャリバーの脱進機を見ることができる窓を文字盤に設ける「オープン」コンセプトを考案。ムーブメントの動きを見せることにより、ハイビートの機械式時計の魅力を生き生きと伝える。

2009年
エル・プリメロ キャリバー誕生40周年。この高振動ムーブメントは、それ自体が計時の歴史における進化ともいえるさまざまな複雑機構や画期的なメカニズムを取り入れながら絶えず進化してきた。今やコレクション全体の名前ともなっているエル・プリメロは、こうしたすばらしい力があるからこそ伝説となっている。

2009年
ル・ロックルが、その建築群と産業都市計画を評価されユネスコ世界遺産に登録される。ゼニスは1865年に時計史上最初のマニュファクチュールをこの地に建設。以来、時計製造の歴史とノウハウが培われてきたこの地を離れたことは一度もない。

2010年
クロノグラフ針が1/10秒を表示するエル・プリメロ ストライキング10thの誕生。

2011年
アカデミー クリストファー・コロンブス イクエイション オブ タイムがジュネーブ・ウォッチ・グランプリで「ベスト コンプリケーション ウォッチ」部門第1位に。

2012年
原点に回帰しパイロット コレクションに新たにパイロットウォッチ アエロネフ タイプ20、パイロット ダブルマティック、パイロット ビッグデイト スペシャルの3モデルを追加。パイロット ビッグデイト スペシャルは2012年ジュネーブ・ウォッチ・グランプリの「Petite Aiguille」部門で第1位を獲得。

2012年
マニュファクチュール本館の修復が完了。歴史的建物の構造をできる限り維持しながら、最先端のテクノロジーが適用された。他の18の建物では修復作業を継続。

1865年から現在までのゼニスウォッチの歴史

SNS/その他関連のサイト

"ZENITH"をもっとさがす

PUMA ONLINE STORE

取扱ショップのご紹介

  • Luxzet ラグゼット

    ロレックス など、日本最安値を目指すブランドウォッチ専門店

  • K・R

    高級ブランド腕時計専門店K・R!! ブライトリング、オメガ、オリス、ブルガリ、ゼニス
    等を中心に取り扱っています。