カジュアルファッション通販情報

ブランド説明

ジュラルミン(アルミニウム合金)製、ポリカーボネイト製のスーツケースで知られる欧州屈指のプレミアムラゲージメーカーです。
1898年、ドイツ・ケルンにてPaul Morszeck(ポール・モルシェック)氏が牛革スーツケースのメーカー「Paul Morsceck & Co.」を創業したのが始まりで、1930年にRichard Morszeck(リチャード・モルシェック)が引き継ぎ「Rimowa」と改名。
1937年にジュラルミン製のスーツケース、2000年にはポリカーボネイト製のスーツケースを世界で初めて発表。
シンプルで機能的かつ耐久性に優れる「ジャーマン・クオリティ」を堅持し、時代とともに研ぎ済まされ続ける「機能美」で愛され続けています。

1898年、ケルンのラゲージ職人、ポール・モルシェックは、RIMOWAを後の成功に導く礎を築きました。彼の手がけた最初のスーツケースは、まだそのほとんどが木製でしたが、軽量性と最大限の安定性を重視して作られていました。

1920年代には、 RIMOWAのエレガントなスーツケースは、世界中を旅するハイセンスな人々に選ばれるようになりました。創設者の息子、リチャード・モルシェックは、1937年、世界最初のアルミニウム製スーツケースを発売します。 そして、これを皮切りとして、RIMOWAは次々と優れた斬新なアイディアを生み出し、世界的な成功を収めます。RIMOWAというブランド名は、リチャード・モルシェックの名前(Richard Morszeck)とドイツ語で「商標」を意味する語(Warenzeichen)の頭文字を取ったものです。

1950年、リブ加工のアルミニウム製スーツケースが初めてリリースされました。RIMOWAならではの特徴は、平行線のリブを刻んだアルミニウム構造です。これが今日に至るまで、すべてのRIMOWA製品に共通するオリジナリティとなっています。まさに世界を旅するジェットセッターのためのラゲージとなりました。

1976年、ディーター・モルシェックは画期的な商品を開発しました。世界最初の防水加工の軽量メタルケースです。映画やテレビのスタッフ、カメラマン、リポーターが持ち運ぶ撮影機材は壊れやすいものですが、RIMOWAの防水システムなら、そのような機材を水の浸入、湿気、熱帯の高温、極寒の冷気から厳重に保護します(アウトレットでも入手可能)。

2000年、ディーター・モルシェックが掲げる「職人芸とハイテクの融合」のモットーのもと、ラゲージ製造に初めてポリカーボネイトが使われ、業界に革命をもたらしました。航空機や自動車の製造ではおなじみのこの材質の特長は、耐久性と高い耐衝撃性だけでなく、なんといってもその軽量性にあります。このため、今までにない身軽な旅が実現します。

2001年、特許取得のマルチホイールシステムを採用したラゲージが初登場。重いケースも全方向に自由自在にスムーズに動かせます。

2006年、 RIMOWAのラゲージに、世界中で認可されている画期的なTSAロックを搭載。これによって、セキュリティチェックの際にラゲージを破損することなく開閉できるようになりました。

2008年、 RIMOWAは製品ラインをさらに拡充しました。 SALSA DELUXE シリーズの新色が登場し、ハイエンドの TOPAS TITANIUMコレクションが加わりました。豊富なカラーバリエーションを取り揃えた12のコレクションが、どのような厳しい環境にも耐えるスーツケースとして、世界中を旅する皆様のお伴となります。

2009年、さらなる革新的なラゲージシリーズとして、軽量設計のポリカーボネイト製SALSA AIRシリーズがリリースされています。SALSAシリーズのなかでも最軽量タイプのSALSA AIRは、重量を最少に抑えながら最大限の安定性を実現するモデル。また、アバンギャルドなデザイン性を追求しながら最新式のセキュリティ技術を備えています。

2011年、 SALSA AIRシリーズに、ULTRALIGHTモデルである最軽量設計のRIMOWA Cabin Multiwheelが加わります。

2014 年、 RIMOWAラインに新たにBOSSA NOVAコレクションが登場し、品揃えがさらに充実しました。

RIMOWA History

SNS/その他関連のサイト

"RIMOWA"をもっとさがす

取扱ショップのご紹介

  • ARKnets

    メンズ、レディースファッションブランドのセレクトショップ。著名なインポートブランド・国内ブランドの正規取扱店です。