カジュアルファッション通販情報

ブランド説明

1968年、Jil Sander(ジル・サンダー)によってドイツ、ハンブルグに設立されたファッションブランド。
Jil Sanderは、1943年、ドイツ・ヴェッセルブレン生まれ。
ハンブルクのクレフェルト・スクール・オブ・テキスタイル専門学校を卒業後、テキスタイル・エンジニアとして働き、その後アメリカのカルフォルニア大学に2年間在籍。
その後ニューヨークの出版社に就職し、McCall's(マッコールズ)、Constance(コンスタンス)など女性誌のファッション・ジャーナリストとして活躍。
1965年ドイツに帰国し、1968年にハンブルクにブティックを開設。
当初は主にSonia Rykiel(ソニアリキエル)などを取り扱うセレクトショップで、自身のデザインした服はわずかなものでした。
1973年、パリ・プレタポルテ・コレクションに進出するも、評価は芳しくなく、1980年には撤退します。
1985年、ミラノを拠点として再出発し、1987年のミラノコレクションで脚光を浴びます。
1997A/Wよりメンズラインがスタートし、1998年にはPuma(プーマ)とコラボレーションでレザースニーカーを発表します。
1999年、Prada(プラダ)がJil Sanderの株式全体の75%を取得し、Prada系列のブランドとなる。
2000年、ジル・サンダーがデザイナーを辞任。素材のコスト削減や、シルエットの再考を求めるグループとの対立が理由とされています。
2001年、クリエイティブ・ディレクターにMilan Vukmirovic(ミラン・ヴィクミロヴィッチ)が就任。
彼はパリの有名セレクトショップ「コレット」のクリエイティブ・ディレクター兼バイヤーを経て、グッチのデザイン・ディレクターも経験。
2003年、ミラン・ヴィクミロヴィッチの契約満了と共に、ジル・サンダーがデザイナーに復帰。
2004年S/Sシーズンより再びジル・サンダーがデザインを手掛けるも、2004年11月、クリエイティブ・ディレクターを再び辞任。
2005年、Raf Simons(ラフ・シモンズ)を新たなクリエイティブ・ディレクターに起用。
2006年、イギリスの投資会社Change Capital Partners (CCP)に売却され、Prada系列の手を離れます。
2007年A/Wシーズンより、シューズやバッグ、アクセサリーラインの展開がスタート。
2012年2月、クリエイティブ・ディレクターのラフ・シモンズが25日の2012年A/Wミラノコレクションをもって辞任する旨を発表。後任のクリエイティブ・ディレクターには創業者のジル・サンダーが復帰します。
2013年、2014S/Sシーズンのコレクションを最後に、ジル・サンダーがクリエイティブ・ディレクターを退任し、その後はデザインチームが手がけています。
2014年4月、クリエイティブ・ディレクターにRodolfo Paglialunga(ロドルフォ・パリアルンガ)が就任。

公式サイト

SNS/その他関連のサイト

"JIL SANDER"をもっとさがす