カジュアルファッション通販情報

ブランド説明

コルムは、自社が手掛けるモデルに宿る審美的魅力、そしてそれらを実現する優れた技術力の両面で高く評価されており、時計製造の伝統的価値および専門技能を永続させることに、誇りを持って貢献しています。1955年より、コルムは“創造性”と“大胆さ”をブランドの指針として貫きながら、ブランド創設者が辿ってきた道を追求しています。象徴的コレクションへの忠誠心はより強まる一方で、さらにイノベーションや画期的技術を盛り込んだパワフルで現代的な趣向が加わっています。継続性や長命という言葉は、コルムにとって単なる言葉を越えています。アドミラルズ カップは50年以上もの間航海を続けるとともに、ブリッジ・コレクションは30年以上にわたり時計製造史に影響を与え続けています。コルムでは、常に歴史がつくられ続けているのです。

ラ・ショー・ド・フォンは、スイスのジュラ山脈の麓に位置し、フランスとの国境からほど近い町です。町として始まった1656年から、この地の発展および名声は、時計製造によってもたらされました。建築家のル・コルビュジエや詩人のブレーズ・サンドラール、自動車エンジニアのルイ・シボレーといった著名人は、この町で生まれました。また、同町はアール・ヌーヴォーの中心としても有名であり、2009年には「時計製造業の都市計画」の名でユネスコの世界遺産に登録されました。ラ・ショー・ド・フォンは現在もなお時計製造の中心として重要な役割を担っており、数多くの著名な時計メーカーが拠点を構えています。コルムは、ブランドが誕生した1955年から、この町に根付いています。


1958年:チャイニーズハット
チャイニーズハットは、中国人がかつてかぶっていたようなピラミッド型の帽子を想起させるベゼルで、世間の好奇心をかき立てました。

1960年:アドミラルズ カップ
アドミラルズ カップのファーストモデルである、角形ケースの時計が発表されました。角形時計初の防水時計のひとつでもありました。

1964年:コインウォッチ
1964年、2羽の鷲が刻まれた本物の20ドル金貨に超薄型ムーブメントを収めた、裏蓋無しのコインウォッチが誕生しました。このモデルは、数多くのアメリカ合衆国大統領や、著名人が愛用しました。

1966年:ロムルス
アワー・インデックスがダイヤル上ではなくベゼル上に刻まれた特徴を持つロムルスは、1966年に発表されました。

1970年:フェザー
コルムは、本物の鳥の羽根をダイヤルに使用した、フェザーウォッチを創作しました。優れた専門技能を駆使し、この芸術的および技術的偉業を成し遂げました。

1976年:ロールスロイス
1976年のロールスロイスの発表により、ブランドのアヴァンギャルドな側面が改めて強調されました。高級車メーカーと時計ブランドとの初のパートナーシップとなりました。

1980年:ゴールデンブリッジ
手作業で精巧にエングレーブされたバゲット型ムーブメントを搭載する初めてのゴールデンブリッジの発表により、“世界初”を達成。才能豊かな時計師、ヴィンセント・カラブレーゼ氏によって、「輪列を垂直に配置したムーブメントを、透明の外装に宙に吊るように収める」というアイディアが生まれました。極めてスリムにつくられた、この世界的に有名な革命的時計は、高級時計愛好家やコレクターの間でたちまち大ヒットとなり、コルムを真の時計マニュファクチュールとしての地位へと押し上げました。発表から30年を経て伝説となったムーブメントは今もなお、高級時計製造と時の独創的な表現を共存させています。

1983年:デザインが再解釈されたアドミラルズ カップ
名高いアドミラルズ カップのデザインが再解釈され、国際海上規則に基づく国際海洋信号旗をアワーマーカーとしてあしらい、12角形ベゼルを持つバージョンが誕生しました。

1993年:アドミラルズ カップ タイド
アドミラルズ カップ タイドが発表されました。コルムのためにつくられたキャリバー CO277を搭載するこのモデルは、太陰周期や潮の干満の時間、潮汐振幅に加え、潮の大小、そしておよその潮位という海上で不可欠な情報を表示します。

1997年:タボガン
コルムは、タボガンウォッチで実現した新しい発明で、特許を取得しました。それは、時計ケースを直立させ、腕時計から置時計に変換できるという独創的なメカニズムでした。

2001年:トラペーズ
2001年のトラペーズの発表とともに、コルムは繊細な優美さを放つタイムレスなデザインによって、新しいスタイルを生み出しました。モデル名は、ケースのフォルムと大き目のサイズに由来しています。

2005年:クラシック バニタス
クラシック バニタスのダイヤルには、時計のダイヤルでは世界初の象嵌装飾が施されています。ストーンや大理石のパーツが慎重にカットされ、モザイクのようにはめ込まれています。

2005年:再解釈されたゴールデンブリッジ
コルム創設50周年を記念して、ゴールデンブリッジのデザインが現代風に再解釈されました。1980年代の原型を維持しながらも、21世紀のスピリットが加わりました。

2006年:アドミラルズ カップ モデルのリニューアル
2006年は、アドミラルズ カップのリニューアルの年となりました。コンテンポラリーで力強いデザインを提示しつつ、コルムは12角形ケースや国際海洋信号旗といったこのモデルが持つ美的特徴の本質的要素を保持することを意識しました。

ブランドについて | CORUM - Official Website

公式サイト

SNS/その他関連のサイト

"CORUM"をもっとさがす

エーグル (AIGLE) メンズウェア

取扱ショップのご紹介

  • Luxzet ラグゼット

    ロレックス など、日本最安値を目指すブランドウォッチ専門店

  • K・R

    高級ブランド腕時計専門店K・R!! ブライトリング、オメガ、オリス、ブルガリ、ゼニス
    等を中心に取り扱っています。